FC2ブログ

プロフィール

シックスガン

Author:シックスガン
数十年ちんたら集めてきたおもちゃを参考にならない程度に紹介したりしなかったり、
愚痴を言ったり言わなかったりすることにしてみました


ツイッターやってます「シックスガン」で検索してね

最新トラックバック

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • JUNGLE FIVER THE BOTS MASTER part2

前回の続きです
THE BOTS MASTERより
『JUNGLE FIVER』チームです

5体勢揃い

世界征服を企むRM社に対抗するべく、ジブ・ズーランダー率いるTHE BOYZZの仲間たちが大活躍!
というアニメでおなじみのボッツマスターですが、日本では残念ながら「ド」マイナーなので、頑張ってテキトーに調べつつ記事を書いていきます
(多分アメリカでもマイナー作品だと思います)
ちなみに、殆どアニメ見てないんで事実誤認もいっぱいあると思うんで、優しい目で見て下さい
今回は、前回紹介した「EVIL TRANSFORMING BOTS」に対するTHE BOYZZの切り札ともいえる5体のメンバーです
チーム名がないんでなんと表記したらいいのか悩む
左から「HELI B.」「JET B.」「HALF B.」「TANK B.」「HOVER B.」です
どう発音するのかよくわからんので、普通にヘリとかホバーとか表記します

前回の最後の画像とは商品のカラーリングが全然違うけど気にするな!
前回と同じように紹介していきます
ホバーB.
台紙
R0028591.jpg
ホバーって聞くと低空で浮き上がってたり空中停止とかをイメージしますが、パッケージアートでは豪快にジェット噴射してます
そういうもんなのか?
合体時は右足or左足になります

取り説&キャラクターガイド
R0028603.jpg
早速大問題
入ってた取り説がジェットB.のものでした

ビークルモード
R0028558.jpg
R0028559.jpg
あ、変形間違えた 取り説が無いからこんな事に!
まぁいいや
正しい変形はつま先を外に向ける形になるようです
ホバーという名前ですがどこがホバーかよくわからない
ホバークラフトにも見えんし、何がモチーフなんだろうか?

ロボットモード
R0028560.jpg
R0028561.jpg
胸回りに塗装が全く無いからものすごく寂しい仕上がりに(泣)
いくら何でもこれはちょっと...
可動は肩ぐらいしか関節らしい関節が無いのであまり良くないです
膝と足は別パーツになってるのに回転軸しか無いので全然動かせません
もったいない

タンクB.
台紙
R0028595.jpg
例によって実際の商品とは色が異なってます
奥でさわやかに手を振るジャングルフィーバーにミサイルをぶっ放すという変な構図w
合体時は右足or左足になります

取り説&キャラクターガイド
R0028599.jpg
取り説の図を描くのがめんどくさかったのか、上の図がシルエットになってます
気持ちはわかる

ビークルモード
R0028544.jpg
R0028545.jpg
普通に仰向け状態
足がホントにそのまんまなんで、頑張っても戦車には見えないなぁ
ロボットの頭は取り説だとレールに沿って起こすのが正解なんだけど、砲塔を回す時に邪魔なんで、パッケージアートと同じ状態にしてあります
砲塔は回しにくいです

ロボットモード
R0028546.jpg
R0028547.jpg
無念お砲塔
胸のど真ん中にデカイ大砲がついてる潔いデザイン
嫌いじゃないw
ミサイルは発射できます
こいつも膝が無いんでポーズはいまいち決まらない
腕は割と良く動くんだけど、横の回転軸が無いんで、やっぱりポーズが決まらない

ジェットB.
台紙
R0028590.jpg
実際の商品と手の向きが違ってます
アーティストが間違ったのか試作はこうだったのか、詳細は不明
合体時は右腕 or左腕になります

取り説&キャラクターガイド
R0028604.jpg
特に説明する事がない

ビークルモード
R0028550.jpg
R0028551.jpg
ジェット戦闘機...なんだけど...
機首から何から、シャープであって欲しいところが全部丸っこいので、飛行機なのに飛行機っぽく見えないというかなんと言うか...
キャノピーの後ろに見える赤い塊はロボットの頭部です
変形ミスったわけじゃなくこうしか出来ません
設計ミス?

ロボットモード
R0028548.jpg
R0028549.jpg
ウエストが無い独特のデザイン
パイロットヘルメットを模した頭部という他のメンバーには見られない要素が
でも、ボッツマスターのロボット(3Aボット)はドデカインとかロボダッチみたいなモチーフがわかりやすいデザインが中心なので、そういう意味では正統派の3Aボットなのかもしれません
背中のキャノン砲は発射できます
取り外しも出来なくはないんですが、外そうとしたら堅くてピンが折れますた(泣)

ヘリB.
台紙
R0028594.jpg
特に書く事無し
合体時は右腕 or左腕になります

取り説&キャラクターガイド
R0028600.jpg
これまた特に書く事無し
こいつらの名前の最後の「B.」ってどんな意味があるんだろう?
英語はさっぱりなので全くわからない

ビークルモード
R0028562.jpg
R0028563.jpg
ヘリに変形
このキャノピーを見ていると、何故かガングルーを思い出す
パッケージアートや取り説では腕を後ろに流すのが正解だけど、ランディングギアが付いてないので、上手く置くために前に出してます
後ろに流すと足に干渉してスゴく中途半端な状態にしかならないからというのもある

ロボットモード
R0028574.jpg
R0028575.jpg
何だか中間形態みたいだけど、これで完成
う〜ん、重機動メカというか、ウォーカーマシンというか、ザクレスっぽい感じ
微妙だなぁ
この何かスゴくモヤるのがこの商品達の特性かもしれない

あっ!ホワールこの形態にできないかなぁ?
こんどやってみるか

ハーフB.
台紙
R0028587.jpg
パッケージアートと商品との差異が少なめ
よかったw
合体時は胴体になります

取り説&キャラクターガイド
R0028605.jpg
特に書く事無し

ビークルモード
R0028570.jpg
R0028571.jpg
ハーフトラック???
車輌っぽいシルエットに見えなくもない という以外にハーフトラックっぽい要素が見当たらない
まぁ、このチーム全部がそんな感じだけどね
前輪はちゃんと回ります後ろのクローラーは当然ダミー
ミサイルは発射できます
で、このミサイルなんだけど、EVIL BOTS共々なんだか凄く雑な作りになってて、ストッパー付きと無しがあります
ハーフB.はストッパー無しタイプで、ミサイルをセットして先端を砲身に指で押し込んで、パッと離すとピョコンと飛ぶという構造になってます
なのでボディを傾けるとポロポロ落ちるという情けない事に...
EVIL BOTSはタンクボット以外にこのシステムが装備されてます
ちなみにハーフB.以外のチームメンバーは全員ストッパー付きという格差が。
何でこんな事に?

ロボットモード
R0028582.jpg
R0028583.jpg
後ろのボタンを押して頭を出して、後部ブロックをボディ下部にスライドさせてクローラーを展開したら完成
このメンバーの中で一番変形らしい変形をしてます
可動は首、足の付け根、足首と寂しいもんです
前に突き出したシャフト付きタイヤが腕ですが、全く腕っぽくないのがスバラシイ
どうやら、タイヤからちょろっと出てる赤いパーツが指らしい
タイヤの内側に拳骨のモールド入れとくだけでもいいのに、変なところに気を使ってるなぁ

対決
R0028578.jpg
ビークルモードで
本来1体分の撮影スペースなので、8体も置くとチョー狭い

R0028576.jpg
ロボットモード
どっちにしても狭い
いかにもヒーローっぽいカラーリングのジャングル〜チームと、妙にポップな色使いのEVIL BOTSチームの対比がいいね
見比べてわかるのが、合体システムを持ってるジャングル〜チームには膝関節が無く、
単体変形のみのEVIL〜チームは膝関節があり、若干大柄 という対比になってます

合体!
R0028584.jpg
R0028585.jpg
すげぇデザイン!
もう何が何だか
アメリカ人とはやはり「カッコいい」の概念が違うんだなぁ
と感じさせてくれる逸品です

構成は所謂スクランブル合体と同じなんだけど、なんだろうこの落ち着かない感じw
重い胴体をタンクとホバーが必死に支えてるように見えて、可哀想になってくる
ジョイントの構造は共通なので腕と足はそれぞれ逆に配置する事も出来ます
画像は台紙通りの配置だけど、取り説だと逆の配置になってます
可動はジョイント部分と両手の指?クロー?がチョびっと動きますです
ただ、膝は自立が精一杯なので、ちょっと曲げただけでぶっ倒れます
基本的に棒立ちで何も出来ないと思った方がいいですな

R0028586.jpg
勝ち目無いよなぁw

この商品(というかボッツマスター自体)アクションフィギュアダイジェストというアメリカのフィギュア雑誌で目にして存在を知りました
このジャングルフィーバーたちもボットコン前にその本で画像(台紙裏のイラスト)を見て「これだ!」と思い、ボットコンに参加する友人に頼み込んでなんとか入手!
現物を見たときは変な笑いが出たもんです

ここからネガティブな話
未確認ですが、おそらくこの商品がTOYBIZ初の変形合体おもちゃだと思われます
当時のこのメーカーはマーベルヒーローのフィギュアを大々的に展開しており、変形合体に関してのノウハウは全く不明な状態で発売されたこの商品
ロボットなのに全くシャープさが無い造形、思いつきだけで作ったかのような構造など、かなり評価しにくいものになっています
ボールジョイント主体の関節や、必要に応じてラチェット機構を入れてる箇所があったりと研究努力の成果が見られる部分はあるんですが、全体的に詰めが甘くて、せっかくの機構を全く活かせておらず、非常にもったいない仕上がりになってしまってます
変形機構に関しても「折り曲げる」は出来てるんですが、「収納する」が全く出来てなくて、変形の醍醐味の一つ「別形態になる際に、それまで見えなかった構造物が現れる」というのを実現できてません
例)ジェットB.の機首の根元に頭がおもいっきり見えてるとか 「そこまでやったらちゃんと隠せよ!」と思っちゃいます
近くに「トランスフォーマー」という素晴らしい教材があるのだから、もう少し煮詰めて作って欲しかったなぁというのが正直なところです
100%アメリカメーカーの巨大合体ロボって今となっても割と珍しい存在なだけに色々残念でなりません

イイところもあるんだけどねぇ
カワイイとか可愛いとか

ボッツマスターのおもちゃはあまり人気が無かったようでアニメに出てきたキャラクターが全て商品化されたわけではありません
前回分でも書きましたが、敵の大ボス(人間)は出てませんし、ジブの妹?も未商品化、個人的に残念だったのは、ジブが乗ってる赤い車?
こいつも変形して大型のロボットになります(前回記事でUPしたアニメオープニングにも出てくるよ)
おもちゃ出る予定無かったのかなぁ

そんな中、この記事を書くために色々と調べてたらジャングルフィーバーのセットボックスらしき画像を見つけてしまい、混乱中
世の中まだまだ知らない事だらけだw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。